ソーシャルキャピタル株式会社 リタポンテ

リタポンテ あるようで無かった、地域のリハビリ専門デイサービス。
リタポンテ あるようで無かった、地域のリハビリ専門デイサービス。

コンセプト

Concept

当施設名「リタポンテ」は造語で、
「リタ」と「ポンテ」のふたつの言葉を組み合わせました。

「リタ」は実は漢字で「利他」と書きます。対義語では利己主義。
元々は仏教用語で「他人の利益のために」行動することを「利他行」といわれます。
「ポンテ」はイタリア語で「橋」を意味し英語で言えば「ブリッジ」です。
リタポンテとは漢字とイタリア語で構成しており、
「人々の利益となる為に橋渡しを幾重にも広げよう」という意味を込めて命名しました。

当施設名「リタポンテ」は造語で、「リタ」と「ポンテ」のふたつの言葉を組み合わせました。

「リタ」は実は漢字で「利他」と書きます。対義語では利己主義。元々は仏教用語で「他人の利益のために」行動することを「利他行」といわれます。
「ポンテ」はイタリア語で「橋」を意味し英語で言えば「ブリッジ」です。
リタポンテとは漢字とイタリア語で構成しており、「人々の利益となる為に橋渡しを幾重にも広げよう」という意味を込めて命名しました。

コンセプト

Concept

積極的生活支援で、“寝たきり”を日本からなくす事を目指す

積極的生活支援で、
“寝たきり”を日本からなくす事を目指す

日本の80歳以上の寝たきり率は、北欧デンマークに比べ9.7倍、
アメリカに比べ6.3倍もあると言われ、世界一寝たきり率が高い国と言えます。

日本の80歳以上の寝たきり率は、北欧デンマークに比べ9.7倍、アメリカに比べ6.3倍もあると言われ、世界一寝たきり率が高い国と言えます。

日本は世界で「最も高齢化した国」であり「長寿世界一の国」

他国と比較した日本の高齢者寝たきり率
日本の寝たきり率

しかし、世界で「最も寝たきり率の高い国」でもあります。
様々な見方はありますが「健康寿命」と言われる”言葉”がよくに耳にする事が多くなりました。病院でも介護施設でもリスク管理として「ベットから出さずベットの上で食事」、「リスクがあるから機能訓練に制限」をしている事など、実は「寝たきり」ではなく、「寝かせきり」が原因になっているのかもしれません。

専門性とアセスメント

人は「脚」から機能低下が始まるとともに「口腔機能」からも同時に身体機能の低下が始まります。リタポンテでは初回から3ヶ月毎に体力測定と口腔機能のチェクを行い、理学療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、看護師などによる医療専門職で他職種・多角な面からおひとりお一人の評価を行い、かかりつけ医や退院前の病院などもと連携し、お客様、そのご家族が抱えている問題を抽出・共有し、その方々に必要とされる改善訓練メニューや生活に取り組むべき課題をオーダーメイドで積極的なご提案を担当ケアマネージャー様とさせて頂きます。

身体総合評価シート 3年間のレポート
身体総合評価シート 3年間のレポート
ダウンロードしてご覧ください。

「思いのままに行動できるカラダとココロ」のエビデンス

私たちはご利用者の生活機能の向上・維持が最大限のサービス効果と考えています。 生活機能とは「身体機能+日常生活活動+社会参加・役割」をさします。 前段でもお話ししましたようにどれだけトレーニングしても生活機能に反映されなければ意味がありません。在宅生活する上で、「何ができて、何ができないのか」「何ができそうなのか」、自分の身体・障がいを知ることによって、解決策を見出し、自己管理能力を高め「積極的生活支援」を行ってまいります。

選択したトレーニング機器

人間が動くために重要であり、かつ共通して問題の原因となりうる要素が筋力・バランス能力です。それを高めるためのトレーニング機器を基本プログラムとして用意しています。
動くための力源となるのが「筋力」、その力を安全にかつスムーズに動くために必要な能力が「バランス」です。
これらを基礎に生活で必要な動きを作っていきます。

目に見える喜びがたくさん感じられます。

キネシス

バランスで重要な要素は体幹です。その体幹の強化に優れているトレーニング機器です。 「キネシス」というイタリア製のトレーニングマシンを使用します。「キネシス」とは人間の動きの原点に立ち返るという意味です。 ※2014年ソチオリンピックの選手村にも設置されていた機器

目に見える喜びがたくさん感じられます。

カーディオ

(上半身・下半身):筋持久力、心肺機能、関節運動の強化に最適なマシンです。

目に見える喜びがたくさん感じられます。

TRX

天井から吊るされた紐の支点と作用点を活かし、ストレッチや日常生活活動訓練での反復トレーニングを行ないます。

目に見える喜びがたくさん感じられます。